【個人輸入】海外通販で大量購入してみた結果、関税とは【iHerb(アイハーブ)】

Life

この記事を読んで欲しい方

  • iHerbで色々まとめ買いしたい方
  • 関税って何という方



iHerbという海外通販サイトをご存知ですか?

もし、まだ知らないという方であれば、こちらの記事を見てみてください。
海外のサプリやプロテイン、コスメを超簡単に安く購入(輸入)する方法を解説しています。

今回は、このiHerbで大量購入してみたので、どうなったのか話します。
結論を先に書くと、何ともなかったです。
関税はかけられず、普通に届きました。

「なーんだ、大丈夫だったのか」と思うかもしれませんが、iHerbでの購入の注意点など解説していきますので、是非ご覧下さい。

そもそも、関税って何?と言う方が多いと思うので、今回は、関税とは何か、についても簡単に説明します。

この記事の内容

  • 関税について
  • どんな流れで大量購入したのか
  • iHerbで購入する際の注意点

関税について

関税は、歴史的には古代都市国家における手数料に始まり、内国関税、国境関税というような変遷を経てきましたが、今日では一般に「輸入品に課される税」として定義されています。

(出典:日本税関)

つまり、海外から商品を輸入した際にかかる税のことです。

「関税は、何のためにあるの?」と思うかもしれませんが、単に税収入を得るためだけではありません。

国内の生産者や企業を守るために存在しています。

どういうことかと言うと、例えば、
国産の米が、1kg1000円で売られていたとして、そこに1kg100円の安い米が大量に輸入されたとすると、安さに惹かれて輸入した米が大量に売れます。
そうすると、国内の米の生産者は米が売れなくなり、困ります。

それを防ぐために、輸入した米に、高い税をかけて、国内で売るときには、国産の米と価格が乖離しないように調整します。
これが関税です。

国産の製品との調整のための税なので、全ての商品に税がかかると言うわけでもなく、商品ごとに税率も異なります。

個人で輸入した場合も、同じです。
大量に輸入すると、国内で販売し、利益を得ることが可能なため、国内の製品を守るために、関税がかけられます。

では、この大量に、というのがどの程度かについてですが、iHerbのHPに記載されています。
次の章で、この大量の目安となる数値と、それを超えて購入してみた結果をまとめています。

ちなみに、量に関係なく、輸入すると絶対関税がかかる商品もあるので注意が必要です。
この絶対関税がかかる商品についても、最後の注意点に記載しておきます。

実際に大量購入してみた結果

まず、iHerbでは、どのくらい買ったら関税がかけられるのかについて話します。

iHerbのサイトを見ると、

注文金額が15,500円 を超えますと、配達時に、関税、その他の税、手数料などがかけられます。

とあり、15,500円が関税がかけられるかどうかの境界となります。

iHerbは良心的で、一度の注文金額が、15,500円を超えて注文しようとすると、注文できない仕様になっています。
なので、買いすぎて関税が取られるということは、ほとんどないと思います。

ただ、注意書きにもある通り、ギリギリの金額で注文すると、為替変動の影響で、関税がかかる恐れがあるので、少し余裕を持って注文しましょう。

円とドルの為替レートが毎日変動する為、注文時と通関時の円とドルの為替レートも変動し、免税内に近いぎりぎりの注文金額のものに関しましては、免税金額を超えてしまい、関税が課せられる事がございます。

ちなみに、僕は14,500円前後で何度も購入していますが、関税がかけられたことはないです。

それでは、今回僕が大量購入した商品と合計金額、その方法について解説していきます。
まず、購入した商品の写真を見てください。

ダンボール9箱、佐川急便で届きました。送料は無料です。
(佐川さん、玄関まで3往復もして運んでいただき、ありがとうございます。)

購入した商品については、今回の趣旨から少し外れるので、あまり書きませんが、サプリメント、プロテインが多数です。
もちろん、販売用ではなく、個人用です。

合計金額は、40,000円分です。
年末の割引セールにつられて、買いすぎてしまいました。

次に購入した方法ですが、3回に分けて注文しました。
先ほども書きましたが、iHerbでは、一度の注文が15,500円を超えて注文することができません。
そのため、3回に分けて注文しました。

「なんだ、それだけか」と思うかもしれませんが、iHerbの注意書きにこんなことが書いてあります。

ご注文は1日あたり1回としてください。複数のご注文は保留となります。

これもおそらく関税対策で、いくら注文が分かれていたとしても、税関に運ばれてくるときに、同じ宛先に大量に荷物があれば、関税がかけられる可能性があります。
それを防ぐため、iHerbでは、1日1注文までということになっています。

ただ、僕は、これを見落としていたので、1日に3注文、40,000円分購入してしまいました。
関税がかけられるかと心配しましたが、そんなことはなく普通に届きました。
全商品まとめて配送されてきたので、iHerbが注文を保留にして、ずらして発送しているということもなさそうでした。

今回は、運が良かっただけで、関税がかけられる場合もあると思うので、大量購入する際は、十分注意して、1日1注文までにしておきましょう。

iHerbで購入する際の注意点

今回は、金額についてのみ触れましたが、他にも注意点3つがあるので、書きます。

  • 商品の重量
  • 日本に輸入が禁止・制限されている商品
  • 常に関税がかかる商品

商品の重量

iHerbでは、一度の注文で、重量制限があります。
空輸のためだと思いますが、重すぎる商品は購入できません。
では、「どのくらいまでの重さなら大丈夫か」ですが、注文の配送方法選択画面に表示されています。

30ポンド(13kg)までしか一度に購入することができません。
あまりないかと思いますが、重くて安い商品を大量に買うときは注意してください。

日本に輸入が禁止・制限されている商品

iherbの注意書きに、日本に輸入が禁止されている商品と、購入できる量に制限がある商品が記載されています。
輸入が禁止されている商品を一部抜粋します。

バニラ、米、穀物、ナッツ、種子、生豆、ヘンプ(麻)を含む製品、ペット製品、肉製品(ジャーキー、エキスを含む)、乳製品

基本的に日本に輸入できない商品は、HPに掲載されていないようですが、一応注意しておくとよいでしょう。
(ただ、1年以上iHerbを使って色々買っていますが、禁止品に引っかかったことはないので、あまり気にしなくても大丈夫です。)

輸入に制限がかかっている商品も一部抜粋しておきます。

食品(サプリメント、プロテインドリンクなども含む) は、合計で10 kg (22 ポンド) までが、個人輸入で購入が許可されている重量となります。
2か月分の購入のみが認められている商品: メラトニン、ヨヒンべ、5-HTP、カフェイン、タウリン 、ヨウ素カリウム (Potassium Iodine/Iodide) 。

これも、そこまで気にする必要はないかと思います。
サプリ・プロテインなどを一度に10kg購入することは、まずないです。

僕の場合は、メラトニン(睡眠改善サプリ)をよく使っているので、まとめ買いしたいのですが、一度に1つしか購入できないので、ちょっと不便かなくらいです。

ただ、制限品についてもシステムでしっかり管理されているようなので、普通にiHerbを使っている分には、制限品に引っかかって届かないなんてことはないと思います。

常に関税がかかる商品

最後に注意したいのが、常に関税がかかる商品です。
先ほど、関税は、商品毎にかけられたり、税率が異なると書きましたが、日本に輸入する際に常に関税がかかる商品があるようです。

重量や数量にかかわらず、砂糖や甘味料(メープルシロップ、アガベネクターなども含む)を輸入した際には、関税やその他の税が日本税関より徴収されます。

砂糖や甘味料は常に関税が取られるようです。

ただ、他の方の口コミを見ると、「甘味料を買っても関税はかからなかった」との書き込みもあったため、もしかしたら大丈夫かもしれません。
知っておいて損はないと思うので、砂糖と甘味料は、常に関税がかかるという理解でいいと思います。

iHerbで甘味料は買ったことがなかったので、関税がかかるか試しに買ってみようと思います。

まとめ

最後に、iHerbで購入する際の注意点をまとめます。

  • 1度の注文は、15,500円以下にする。(システム上、購入できなくなるので、気にしなくて大丈夫)
  • 1日1注文までにする。(1日3注文しても大丈夫でしたが、念のため)
  • 日本に輸入が禁止・制限されている商品がある。(システムが判定してくれるので、気にしなくて大丈夫)
  • 砂糖や甘味料は、常に関税がかかる可能性があるので注意する。

以上になります。

今回は、iHerbの関税について書きましたが、普通に使っていれば、関税がかかることはまずありません。
まだiHerbを使ったことがない方は、とても簡単に安く海外製品が買えるので、是非使ってみて下さい!
iHerb公式サイトはこちらからどうぞ

初心者向けのiHerbの使い方を徹底解説した記事もありますので、合わせてご覧ください。

それでは、よいiHerbライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました