【高速大容量】PCスマホのデータのおすすめバックアップ方法【NASとは】

IT

この記事を読んで欲しい方

  • PCやスマホのデータをバックアップしたいけど、どこに保存しておけばいいの?という方
  • NASにバックアップしたいけど、どんなメリットがあるの?という方
  • NASを有効活用したい方



PCやスマホのデータ、バックアップとっていますか?

形あるものは、壊れたら買えばいいですが、データは買えません。

仕事の資料、家族との思い出、秘蔵コレクションなどなど、消えて悲しむ前にバックアップを取っておきましょう。

「でも、どこにバックアップしておいたらいいの?」という方に、今回おすすめするバックアップ先は、NASです。

茄ではないです、ネットワークHDDです。こんな感じのやつです。

出典:amazon

PCに内蔵されている通常のHDDは、そのPCからしかアクセスできませんが、NASはネットワークに繋がっているので、wifiや外出先から自由にアクセスできます。

「それならGoogle DriveやDropboxのクラウドサービスでいいじゃん」と思うかもしれませんが、僕がNASをオススメする理由は、これです。

  • 高速にデータ転送できる
  • 大容量のデータが保存できる
  • データを自分の手元で保管・管理できる
  • 様々な機器でデータを共有できる

実際に、僕も自宅にNASを設置して、PC3台、iPhone2台、iPad1台の全てのデータをほぼ毎日、自動でバックアップしています。
そのあたりについては、別の記事で書こうと思うので、書けたら追記します。

NASは高速にデータ転送ができる

クラウドサービスでは、データは世界中のどこかにあるデータセンターに保存されており、インターネットを介してアクセスします。
そのため、インターネット回線が遅ければ、データ転送速度は落ちます。

NASでは、自宅にデータを保存するため、自宅内からのアクセスであれば、インターネットを介さず、高速にデータ転送ができます。

NASは大容量のデータを保存できる

クラウドサービスを利用している方なら分かると思いますが、無料で保存できるデータはせいぜい数GB程度です。
有料プランでも、1TB程度しかデータを保存できません。

それだけあれば十分だと思うかもしれませんが、スマホやPCの全てのデータを何年分も保存していたらすぐに足りなくなります。最低でも10TBは確保しておきたいです。

NASであれば、格安のHDDを大量に積めるので、数十TBのデータ保存が可能になります。

NASはデータを自分の手元で保管・管理できる

先ほども書きましたが、クラウドサービスでは、データを世界中のどこかにあるデータセンターに保存するため、もしかしたら自分のデータが漏洩するかもという危険があったり、誰かにこっそり見られているのでは?という気持ちになります。

自宅にデータを保管できるNASであれば、自分や家族、仕事仲間などプライベートな関係の中だけでデータを安全に共有することができます。

とはいえ、大企業が運営するクラウドサービスであれば、セキュリティ対策も万全であると思うので、これはそこまで心配する必要はないと思っています。

「データを外に保管しておきたくない!」という方以外は気休め程度で考えてもらって大丈夫です。

NASは様々な機器でデータを共有できる

NASには、マルチメディア機能が備わっているものがあり、PCやスマホ以外のインターネットにつながる機器(テレビやゲーム機)からもデータにアクセスすることができます。

例えば、PCにある音楽をNASに入れて、テレビから再生するなんてことも可能です。

これから様々な機器がインターネットに接続できるようになるので、色々な機器からNASにあるデータにアクセスできるようにしておくと、活用の幅が広がります。

まとめ

以上が、NASにPCやスマホのデータをバックアップしておくおすすめの理由です。

まとめるとこんな感じです。

NAS(ネットワークHDD) クラウドサービス(Dropboxなど)
データ転送速度 早い 遅い
データ保存容量 多い 少ない
セキュリティ 普通 普通
データ共有性 高い 低い

今回は、バックアップに焦点を当てて書きましたが、もちろんバックアップ用だけではなく、普段使っているデータの保管用としても十分使えます。

そのうちNASについて、もう少し書こうと思います。
それでは、NASで快適なITライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました